親族トラブルを避けたい お通夜と葬儀

葬儀や通夜に参列する際は、おしゃれをするのではなく、遺族や親戚に対しての弔いを服装で表すようにしましょう。

葬儀や通夜に参列する際の服装について

親族トラブルを避けたい お通夜と葬儀
戦前は葬儀もしくは通夜に参列する際は、喪に服する遺族だけが喪服を着用していました。戦後になり、冠婚葬祭のマナーが急速に広まったことによって、参列者も黒を着用すべきだという意識が普及してきました。ところで喪服は黒というイメージがありますが、地域によっては白い衣装を着用するところもあります。

葬儀に参列する男性は、黒のフォーマルスーツに白いワイシャツを身に着け、ネクタイは黒の無地を選びます。この時タイピンはつけません。ベルト、靴下、靴といった小物類も黒で統一するとよいでしょう。最近では通夜の席でも黒のフォーマルが多くなりましたが、グレーのスーツでも構いません。ちなみに黒い腕章を見かけた事があるかと思いますが、腕章は喪に服している喪主もしくは親戚、世話役などといった遺族側の立場にいる人が用います。

女性の場合は、黒のフォーマルスーツもしくはワンピースが無難です。夏でもできるだけ肌の露出は避けます。アクセサリーは結婚指輪か真珠の1連ネックレス程度にしておきます。靴やバックは光沢のない黒を選びましょう。以外と忘れがちですが、皮や毛皮のコートは避けます。なぜなら「殺生」をイメージさせるので、通夜や葬儀には不向きです。髪の毛はスッキリとまとめ、明るめのネイルは、黒っぽいレースの手袋でかくすとよいでしょう。葬儀や通夜に参列する際は、おしゃれや自己主張は必要ありません。遺族や親戚に対して思いやりや弔いを服装で表すように心がけます。

おすすめ!

Copyright (C)2017親族トラブルを避けたい お通夜と葬儀.All rights reserved.