親族トラブルを避けたい お通夜と葬儀

通夜は葬儀の前の悲しい儀式である。葬儀社にお任せするより仕方がないのであるが、費用については値切るのが難しい。

通夜は葬儀への序章である。

親族トラブルを避けたい お通夜と葬儀
通夜は故人とお別れするための悲しい儀式の序章である。遺族は悲しみにくれながらもこれからの多忙で気疲れする儀式に臨まなければならない。大概なことは葬儀社に依頼するしかないだろう故人を病院から自宅へ、葬儀社へとの搬送から始まって、参列者の席順・弔電の読み上げ順と様々なことに手配をしなければならない。通夜は故人と最後の夜を付き添うための儀式である。服装については葬儀と違い、喪服でなくても許される。これは慌ててきたため、喪服の準備が出来なかったと意味もあるらしい。一般の参列者は大概はお寺さんが来て、お経を読んで焼香を済ませると、帰宅となるのだが、親族や、故人と親しかった人には、別室に呼ばれ通夜ぶるまいを受けることになります。地方により、色々な風習もあるようで、葬儀場に布団を敷いて、葬儀会社の職員を驚かしたというエピソードもあるようです。私の両親の時には、夜遅くまでビールを飲みながら、故人の思い出を夜遅くまで語りました。次兄や義兄の時は交代で焼香をしました。

次兄の葬儀の時困ったのは、丁度3月の終わりということもあり、ホテルや旅館の宿泊に困りました。その為、田舎から上阪した姉を泊めなければならないのに、自宅にそのスペース無いことでした。葬儀社に宿泊の場所があることが分かった時は非常に助かりました。葬儀の最後の問題は費用です。次兄の時は小さいとはいえ、社長をしていたこともあって、会社負担でしたがそれでも戒名とか、色々とかかるものです。幾ら渋ちんの方でも、葬儀費用については値切ることは困難なようです。義兄は最初から自分のことが分かっていたようで、最後に葬儀会社の予約の手配を子供にさせ、葬儀に費用を掛けるなと遺言したようです。

おすすめ!

Copyright (C)2017親族トラブルを避けたい お通夜と葬儀.All rights reserved.