親族トラブルを避けたい お通夜と葬儀

訃報があり、通夜と葬儀への参列が行なわれます。これの滞在時間は、故人との生前の親密度にあるのかと思われます。

通夜と葬儀に参列する心構え

親族トラブルを避けたい お通夜と葬儀
日常生活を営む中で突然に来る訃報の連絡。故人との関係が家族や親類でなければ、通夜が執り行われる葬儀の会場に開始時刻に合わせて向かいます。まず、受付を行い、斎場の中に入ります。読経が始まる前であれば、故人への参拝並びに親族への挨拶を済ませます。その後、僧侶による読経と焼香があり、参列者の通夜が終わります。翌日に同じ斎場において、葬儀が執り行われます。通夜同様に僧侶の読経があり、その間に焼香。それが終わると、近親者の弔辞や電報文の読み上げがあり、喪主挨拶で終わりになります。そして、出棺の運びとなります。

ところで、通夜や葬儀においての滞在時間と言うのは、故人との生前における親密度によって変わってくるのかと思われます。しかし、参列の有無等については、何故だか親族の人達がよく覚えているものであります。これが、祝いの席の場合には、祝辞や余興をしたにも係らずに忘れられていたりして、苦笑させられる事があったりします。そこで、政治家においては、こういった人間の特性を踏まえて、葬儀の参列を大切にしている議員もいます。その後に、仕事等において遺族との付き合いが続く場合には、肝に銘じておかなければなりません。

いずれにせよ、故人が生前の折には、多生なりとも縁があった訳でありますので、通夜や葬儀への参列に向かう際には、厳粛な気持ちで臨む姿勢が大切であります。そして、最後の出棺見送りまで参列しておく様にしたいものであります。勿論、純真な気持ちであるのは当然であります。
Copyright (C)2017親族トラブルを避けたい お通夜と葬儀.All rights reserved.