親族トラブルを避けたい お通夜と葬儀

葬儀の前の晩に行われる通夜は、故人と親しかった人達が一晩中故人に付き添い、別れを惜しむ儀式です。

通夜は葬儀が行われる前の晩に行います

親族トラブルを避けたい お通夜と葬儀
通夜とは、葬儀が行われる前の晩に親しい人たちが故人に一晩中付き添い、別れを惜しむ儀式です。近年では、葬儀に出席出来ない人達が出席する場としての意味合いが強くなっています。葬儀は午前中などに行われることが多く、仕事などの関係で出席できない人が、夜行われている通夜に出席する場合などがあるのです。通夜では、僧侶による読経が行われ、まず親族が焼香を行い、それに続いて出席者が順に焼香を行います。昔は自宅で通夜が行われることが多かったのですが、現在では葬祭場で行われることも増えました。それに伴い、かつては一晩中眠らずに線香をたいていたのですが、短時間で通夜を終わらせることも増えています。また、親族が一晩中故人のそばにいることができるかどうかは葬祭場によって異なるようです。なぜ一晩中故人のそばにいるかと言えば、昔は誰もいないと故人の体に邪霊が入りこむと考えられていたことからきているのです。同じ意味で、通夜や葬儀が行われるまで故人の体にハサミなどの刃物をのせて、邪霊の侵入を拒むことなどもあります。

通夜に出席し焼香などが終わると、軽食やお酒などが用意されています。これはお清めの意味があり、皆で食事をしながら故人の思いで話などをします。服装はやはり黒の喪服を着用する人が多いようです。多くの場合、親族は通夜と葬儀の両方に出席しますが、それ以外の人は通夜か葬儀のどちらかだけで構わないとされています。もちろん、両方に出席しても問題はありません。

おすすめ!

Copyright (C)2017親族トラブルを避けたい お通夜と葬儀.All rights reserved.